潜在意識、セルフイメージを変えてダイエットの効果を上げてみよう!

スポンサードリンク

AMI88_ba-mukuhenuma-_TP_V

ダイエットを成功させたい!と思う一方で、ダイエットは大変だ!という思いが、ダイエットをする上で葛藤を生みます。

毎年、毎年、いろんなダイエット方法やダイエット器具が出てくるのを見ても、ダイエットの成功になかなか近づけてない人が多いことがわかります。

どんなダイエットであっても、食事療法や運動療法をします。
評判のダイエット器具を使うにしても、その器具を継続して使い続ける努力が必要です。

そこには、もう、ダイエット方法やダイエット器具の問題でなく、メンタル面の問題が影響しているのです。

楽してダイエットなんてできない!という考えは間違ってはないですが、努力しているダイエットを楽に感じることは出来ます。

メンタル面をどう生かすかで、ダイエットの継続性が出て来て、ダイエットの効果を上げることができます。

ダイエットを少しでも効果的に達成するための方法を説明していきます。

潜在意識とセルフイメージを知り、ダイエットの効果を上げる

AMI88_kangaerumorigirl_TP_V

潜在意識やセルフイメージという言葉は聞いたことがあると思います。

  • 顕在意識(表面意識):論理的な思考・理性・知性・意思・決断力
  • 潜在意識(無意識) :感情・感覚・直感・記憶・想像力

ここでは、堅苦しい説明は置いておきます。

人間は、潜在意識(無意識)という意識できない力によって日々、動かされています。

普段、あなたが自分の顕在意識でやっていることも潜在意識の力には勝てないのです。

なぜなら、人間の意識は9割の潜在意識と1割の顕在意識で成り立っています。

その潜在意識に良い情報をインプットして、理想のセルフイメージを作り出せれば、あなたが願っているダイエットの成功は飛躍的に近づきます。

これまでに潜在意識にインプットされた情報や、セルフイメージを変える

N112_cyekusuru_1_TP_V

ダイエットに取り組むけれども、何度、努力しても失敗してしまうという方が多いです。

それは、何度も失敗していることで、潜在意識(記憶の奥深く)に、「私は、ダイエットに失敗する」という情報がインプットされてしまっているのです。

また、「どうせ、私はダイエットをしても、理想どおりにはいかない」というセルフイメージも出来上がっています。

あなたは、ダイエットに成功したいと願っていても、心の奥では、そうは思ってなくて、どこかで否定しているのです。

これには、人間が持つ慣性の法則も影響しています。

人間は、変化を嫌います。

変化したいと願っていても、変化することが怖くて、太っている自分が痩せるという変化を拒絶したいという心理が働くのです。

太っているのが本当の自分で、痩せている自分は間違っていると考えてしまい、ダイエットが失敗するための言い訳探しを始めます。

どうですか? 本当にダイエットに成功したければ、成功できるはずですが、どこかで言い訳探しをしていませんか?

これは、あなたが悪いのでなく、潜在意識にインプットされた情報やセルフイメージがそうさせてしまっているケースです。

しかし、逆に言うと、潜在意識に良い情報をインプットし、良いセルフイメージをキープできれば、変化を嫌う人間も意外と簡単に願望を達成させることができます。

潜在意識やセルフイメージを利用する前にやっておくべきこと

PASONAZ160306170I9A2357_TP_V

★ あなたの長所と短所を受け入れること
★ 自己否定をやめる

人間が変化できる時は、自分自身を受け入れた時のみです。

ダメな部分である短所や、出来ない自分に対する自己否定をそのままにして、無理やりに良いイメージを潜在意識に入れようとする、良いセルフイメージを作ってもすぐに元通りになります。

まずは、ありのままの自分を受け入れてあげるのです。

今の自分を許してあげるのです。

潜在意識やセルフイメージを活用した方法を実践 No1

IMARIC20160805210023_TP_V

では、実際に日常生活で潜在意識にどのように良いイメージを取り入れて、良いセルフイメージを作り上げていくのが実践編です。

それでは、簡単な方法を試してみます。

①  わたしは、◯◯◯しても良い(許し)
②  わたしは、○○○しつつある (進行形)

①,②の言葉をダイエットに置き換えると、

① わたしは、ダイエットで痩せても良い
② わたしは、ダイエットで痩せつつある

これらを自分の言葉で発するだけです。
ポイントは、言葉の意味合いが許しと進行形であることです。

これまで、あなたの潜在意識には、「ダイエットは失敗する」「ダイエットをしても続かない」といった意識がインプットされているので、それを外してあげます。

①と②これらを毎日唱えるだけで気持ちが楽になり、出来そうな気がしてきます。

潜在意識に、「わたしは、ダイエットで痩せても良い」「わたしは、ダイエットで痩せつつある」とインプットしてあげた後に、セルフイメージを作ります。

こんな感じの自分になりたいという理想像があると思います。

それをイメージします。

セルフイメージを作ったら、後は、一つのことをします。

③ イメージした自分になったつもりで行動する(演じる)

つまり、その時点でセルフイメージどおりであるかどうかは関係なくて、なったつもりで演じるのです。(はったり)

なったつもりで演じていると、セルフイメージの自分がやりそうな言動や行動をするようになります。

何かが出来てからでなく、出来ないうちから、演じるのです。

潜在意識やセルフイメージを活用した方法を実践 No2

 

先程の実践No1 3つの実践メニューを日々、継続するだけでダイエットへの意欲も変わり、ダイエット効果に好影響をもたらします。

ここでは、No2として、潜在意識やセルフイメージを変えるために役立つ実践法を追加します。

A メディテーション(瞑想)
B 室内環境(部屋)

A メディテーション(瞑想)

IMARIC20160805472116_TP_V

ヨガなどをしている人は、メディテーション(瞑想)をしたことがあると思います。

これは、ボォーとした時間を作ることで、潜在意識へ入りやすくすることと、空想する時間を作ることでセルフイメージを楽しむのです。(空想癖)

無になる必要はないです。

いろんな雑念が入っても構わないです。

B 室内環境(部屋)

a0780_000628

人間は、目から入る情報をすぐに脳内へ取りこんでしまいます。

もしも、部屋がモノで溢れていると、いろんなモノが情報として入ってきます。

ダイエット期間中は、出来る限りダイエットに集中したいですから、整理整頓すると共に、余計なモノは片付けて、ダイエット器具や理想とする芸能人などのポスターを目立つ場所に貼り付けます。

AとBも、潜在意識とセルフイメージを有効に利用する点で使えます。

潜在意識とセルフイメージを作る上での注意点DI_IMG_5738_TP_V

すこし注意点を紹介します。

*否定語を使用しない

潜在意識は、◯◯◯ない がないです。

否定がないのです。
否定が通用しないのです。

つまり、インプットしたいことを、「私は太らない」としてしまうと、否定を受け入れられない潜在意識は、「私は太りたい」と認識してしまいますから、否定語は使わないことです。

*継続とは、途中で止めても、数日後に再開することを言う

ダイエット期間中に、2日間とかダイエットをサボると自分を責める、罪悪感を得る人がいますが、そんな必要は全くないです。

ダイエットで成功している人でも、必ず、飽きたりして何度もサボっていることが必ずあります。

ダイエットで成功している人は、そこで、仮にサボっても、すぐにまたダイエットを再開できるのです。(気にしない)

再開できることが継続のコツです。

つまり、セルフイメージを作って、ずっと演じていたのに演じきれなかった日があっても、上手くいかなくても大丈夫です。

また、次の日から再開すれば良いだけです。

潜在意識、セルフイメージを変えてダイエットの効果を上げる方法まとめ

PAK86_testderuzo20141123172553_TP_V

これまで話してきたことは、特別に難しいことではないと思います。

それでも、これらをするだけで、確実にダイエットの効果が上がりますから、オススメします。

★ あなたの長所と短所を受け入れること
★ 自己否定をやめる
① わたしは、◯◯◯しても良い
② わたしは、○○○しつつある
③ イメージした自分になったつもりで行動する(演じる)
A  メディテーション(瞑想)
B  室内環境(部屋)
どれか出来そうなことから、まずは始めてみます。

そして、小さな成功を積み重ねていくときっと効果を実感できます。

スポンサードリンク

コメントを残す




*