ダイエットのための運動で体重が増えた!やせない理由は?

スポンサードリンク

ppg_huruitaijyuukei-thumb-autox1600-13376

運動をしっかりやっているにも関わらず痩せない、それどころか以前より体重が増えてビックリしてしまい運動をやめてしまったという経験はありませんか?

運動してエネルギーを消費しているはずなのに、太ってしまうというのはどうしてなのでしょうか。

筋肉量の増加

training-828741_640

もし、しっかりと筋トレなどの運動を行っていたにもかかわらず体重が増加した場合、考えられる理由の一つが、筋肉量の増加です。
筋肉量が増えれば、当然体重は増加します。
でも、筋肉が増えたとしても脂肪が減っているのであれば体重は増えないはず・・・と思っている人もいるのではないでしょうか。

実は、筋肉と脂肪を同じ大きさで比べた場合、脂肪よりも筋肉の方が重いのです。
運動で筋肉量が増えた場合、同じ大きさ分体脂肪が減ったとしても体重は重くなるのです。

でも心配ありません。
体重は一時的に重くなっているかもしれませんが、ボディラインは確実に引き締まって細くなっているはずです。そして筋肉量が多くなることによって基礎代謝量が高まり、エネルギーを消費しやすく痩せやすいカラダに変わっていきます。
体重だけを重視するのではなく、体脂肪率や見た目の変化をチェックしながら、成果が出ているかどうか総合的に判断するようにしましょう。

むくみ

omg151007599299-thumb-autox1600-22246

運動することによってカラダは疲労します。

疲労によって体液の循環が滞り、むくんでしまうことで体重が増えてしまっている可能性があります。

でも大丈夫。むくみは一時的に体内に水分をため込んでいるだけです。

水分が体外に排出されることでむくみも解消し、それと同時に体重も減少するでしょう。

運動に慣れてきたり筋肉量が増えることによって、だんだんむくみは出にくくなってきます。

と、今まではどちらかというとカラダの反応によって起こる一時的な体重増加の可能性を紹介しました。

でも、もしかしたら体重が増えたのはあなた自身に問題があるのかもしれません。

心当たりがないかチェックしてみてください。

行っている運動の強度が低い

shiosio_kasdfjk_tp_v

運動であれば何でも痩せるかといえばそうではありません。

運動強度が低く、エネルギー消費量が少ない運動の場合はどんなに続けたとしても痩せません。

ストレッチ

ストレッチといえば手軽に自宅でできる簡単な運動法の一つです。

ストレッチをすることで血液循環が良くなり、筋肉や関節の動く範囲が広がることによってカラダが柔らかくなったり、筋肉の張りを解消しリラックスする効果があります。

しかし、エネルギー消費の少ないストレッチで痩せることはまずないでしょう。

やらないよりはやった方が良いですが、ダイエットのための運動としては適していません。

それほど疲れない運動

12kg程度の軽いダンベルなどを使用して自宅でトレーニングしている人もいるかもしれませんが、負荷が低く何十回も楽々できるような運動は、効果がほとんどありません。

消費カロリーも少ないですし、筋肉量の増加もあまり期待できません。

筋トレであれば8~12回位が限界でそれ以上できないという重さや動作を選び、しっかりと筋肉に負荷をかけて行うことが必要です。

また、最初はつらい運動も慣れてくると楽になってきます。楽になってくるということは筋力がついた証拠なのですが、そのまま同じ負荷で続けていては効果が停滞してしまいます。楽になってきたのであれば少しずつ負荷を上げ強度を高めていくことが必要になります。

水泳

残念ながら水泳もダイエットにはあまり適していません。

長時間速いスピードで泳ぐことができるようであれば効果は高いと思いますが、ゆっくり長時間泳ぐだけではエネルギーはそれほど消費されないのです。

また、泳ぎが上手くなることでエネルギーをあまり使わずに長時間泳ぐことができてしまいます。

ダイエットのために水泳を行うのであれば、速いスピードで泳ぐように心がけましょう。

運動したという安心感から食事量が増えている

db88_debupizza15133151_tp_v

運動をしてエネルギーを消費したからといって、食べる量まで増やしてしまっては痩せるものも痩せません。

運動した後はお腹が空くものです。「今日は運動したから、いつもよりご飯多めに食べてもいいかな」とか「運動したご褒美にお菓子を食べよう」とか考えたことはありませんか?

運動をしたという安心感からいつも以上に食べてしまい、体重が増えてしまったということが考えられます。

体重は一日のうちに12kgくらいであれば、すぐに変動します。食事量や水分の摂取量、トイレの回数など、ほんの些細なことで体重は変化するのです。

長期的な目で見よう

また、運動をしているからといって右肩下がりに体重が順調に落ち続けるということはありません。増えたり減ったりを繰り返しながら徐々に下がっていくのです。

短期的な体重という数値に一喜一憂するのではなく、体重と同じくらい体脂肪率やボディラインの変化もしっかりと確認しながら、長期的にダイエットを行なう必要があります。

ダイエットをしている間、順調に体重が落ち続けるということはほとんどありません。必ず増減を繰り返しながら徐々に少なくなっていきます。

運動をしているのになかなか体重が落ちないと焦る必要はありません。長期的にダイエットを行った方がリバウンドも少なく健康的に痩せることができるのです。

スポンサードリンク

コメントを残す




*